店舗の万引きを防止したい
~犯行を犯させないために~

店舗運営において、夜や定休日の窃盗対策はとても大切ですが、日中の万引き対策もとても重要になっていると思います。
 
H28年度の警察庁の統計によると、窃盗の認知件数が総数807,560件です。
そのうちの約14.5%が万引きによる犯行です。
自転車盗の32.3%につぐ、窃盗犯罪手口の第2位を占めています。
実際の認知件数ですので、実際はもっと多いのではないでしょうか。

また、万引きによる被害額は、報告されているだけで年間4,600億円にも上るとの調査もあり、実際の被害額はその10倍にあたる4兆6,000億円ではないかと言われています。

組織化までされているともいわれる万引き。
近年になって、高齢者による万引きも増えてきており、社会問題にもなっています。
万引きでお店はつぶれかねませんので、早急な対策が必要になります。
 

では、どうしたらよいのでしょうか?

万引きを防止するには、万引き防止タグ、ゲートを設置することが最も有効です。
監視カメラはとて有効です。
録画死角をなくすような配置にし、カメラ自体を目立つように筒型タイプがおススメです。
また、カメラの映像をお客様から見えるように、売り場内にモニター表示することも有効になります。
場所によっては、ドームカメラや360度カメラを組み合わせることも効果的です。 
 
常習犯対策には、顔認証カメラがとても有効です。
一度顔を登録すると、再来店時に店員だけにわかるようにお知らせします。
そのことに気が付くことにより、注意を払う事ができますし、再犯を防ぐ第一歩になります。


→ 万引きでお悩みの方は、顔認証ページへ

→ お問い合わせはこちらから

おススメの防犯システムは?

万引き対策には、「防犯カメラ」と「顔認証システム」
がおススメです。

1.防犯カメラで昼夜問わず録画と監視
2.顔認証システムで、登録済みの要注意人物の来店をお知らせします。


お客様も店員も、カメラがある事で緊張感を持ち、よりスムーズな店舗運営を目標とします。

是非一度、トータルセキュリティミウラにご相談ください。


→ 万引きでお悩みの方は、顔認証ページへ

→ お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

045-744-8849
営業時間9:00~17:00(土日祝日除く)